COMPANY 会社概要
会社情報
会社名 RTQMシステム株式会社
所在地 広島県広島市南区霞1-2-3 広島大学 霞総合研究棟323
連絡先 TEL082-257-1756 FAX082-257-1757
設立 平成25年3月15日
資本金 9,300,000円
代表 小澤 修一
事業内容 放射線治療に置ける全般的なシステム開発/販売
会社HP http://www.rtqm.net
取引銀行 広島信用金庫/広島銀行/もみじ銀行/西京銀行/日本政策金融公庫
許可証・登録証 医療機器製造業登録証/第一種医療機器製造販売業許可証
高度管理医療機器等販売業・貸与業許可証
支援事業者名
公益財団法人ひろしまベンチャー育成基金 第19回(平成24年度)ベンチャー育成賞銀賞受賞
広島県緊急雇用対策基金事業(創業支援型雇用創造事業)
広島県地域事務局 平成24年度 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助事業
広島大学 産学・地域連携センター インキュベーション支援事業
広島県 平成24年度 ひろしま医療関連産業創出支援事業費
広島県 平成25年度 放射線治療品質管理業務用新支援ツールの活用による業務効率向上実証モデル事業
(広島県から広島大学への委託事業:本事業により広島県内の基幹病院にてRTQMシステムをご検証いただいております。)
公益財団法人ひろしま産業振興機構 平成26年度 新事業創出チャレンジ企業支援事業
広島県 平成26年度 ひろしま医療関連産業創出支援事業費
公益財団法人広島市産業振興センター 平成27年度 新成長ビジネス事業化支援事業
開発システム

MU Verify

治療計画装置で算出したMU値 (装置のビーム・オン時間を指定するパラメータ)の 妥当性確認を独自の計算アルゴリズムにより行う。

ST Dose

治療装置出力測定ガイドラインを基にした測定を 効率的に実施する為の補助と 測定データの管理を行う。

pal-CIS

緩和ケア用 患者様の記録管理アプリケーション。 端末を探す必要も待つ必要もなく 患者様の情報をその場で入力、 タップ1つで情報更新を行う。

DCM Verify

放射線治療計画像確認と、 線量分布データ解析を行う。

QC-142

AAPM TG-142に準拠した リニアック品質管理 データ管理アプリケーション

今後さらに多くの機能を展開
開発体制

開発統括 小澤 修一

ハードウェア・ネットワーク 三戸 香

アプリケーション・サーバプログラム 齋藤 明登

DICOM解析・物理計算 齋藤 明登

小澤 修一
【略歴】
原子・原子核物理学の研究で博士(理学)を取得。 国内の医学物理士資格だけでなく、日本で唯一、米国の放射線治療医学物理士の資格を有している。
放射線治療物理学の専門家だけでなく、iOSのアプリケーションプログラマーやネットワークエンジニアと 開発体制を組んでいます。我々の目標は、国内だけでなく、世界中の放射線治療現場で使ってもらえる品質管理システムの開発です。強制機能、自動化、単純化をベースとした「真の独立検証」が実施可能であり、地域連携にも対応しているのが我々の製品の特徴です。今までにない感覚の放射線治療品質管理システムをぜひお試しください。
齋藤 明登
【略歴】
原子核物理の実験研究で博士号を取得後、高精度原子核実験装置の建設に従事。2010年から2年間、米国 Washington University in St. Louis で臨床医学物理研修を修了。X線・電子線のみならず小線源治療、粒子線治療の品質管理の経験をもつ。
私は主にDICOM データの解析、特に物理的な解析プログラムの開発を担当しています。物理学で培った経験と臨床経験の両方活かして、複雑なアルゴリズムをいかに現場のニーズに合った分かりやすい形でシステムに組み込むことができるかを考えながら開発しています。放射線治療の高精度化に伴う品質管理の複雑化に柔軟に対応できるようなシステムにしていきたいと考えています。
瀬野 善則
【略歴】
iPhoneやiPadなどのアプリケーション開発をiPhone草創期より続けており、7年以上の開発経験がある。 クライアントのみならず、サーバーの開発経験もあり、包括的なシステム開発を行う。
簡便な操作性、画面の見やすさ、等、皆様の作業がよりスムーズに行える様、細かい部分にもこだわり、開発を進めております。なめらかな画面の動きを、ぜひ一度お手に取ってご覧頂ければ幸いです。
三戸 香
【略歴】
ハードウェア・ネットワーク・周辺機器コンサルタント 長年オフィスオートメーションのプログラム開発を行ってきた実績があり、ネットワーク、サーバー構築についての経験を有している。コンピューターに関する事柄に幅広く対応可能。RTQMシステム創設時よりシステム導入に携わる。
ネットワーク構築のための準備、導入当日のシステム連携作業、導入後のネットワークフォローを重点的に行っています。施設ごとに異なる環境の中、条件に合わせ柔軟に対応します。システム導入に関するネットワーク環境について、ご不明な点がありましたら、お尋ねください。